.

カードを店にて使う場合経験がおありではないかと思うのだが、担当者が不慣れなためにどちらの明細をお客さんの方へ提示するのか迷っている時があるかと思います。というのは、クレカを決済するとカード端末からは数枚の明細レシートというものが印刷されるからでしてこのレシートのどのレシートをカード利用者側へ渡してよいものかどうかわかりにくいというケースがあるのです。利用レシートの解説→上記の数枚の使用明細についてはどういうものかというのは、以下の記載の通りとなります。1お客様へ保管してもらう明細。2店舗控え用の明細。3カード会社保管用利用レシート(記名するレシート)。本来であれば当然客へ渡すレシートの方を受け取るものですが、稀に店舗で保管する紙をカード利用者側へ間違えて渡すようなパターンであったり、サインされた側のレシート自体を渡すようなというケースすら見受けられる。特に時間給の従業員であるとか、いつもクレジットカードというものが使われるケースの少ない店舗等の会計にてクレジットカードを提示すると、こういった担当者の焦りが垣間見れるだろう(笑)。店員が違う方の紙を渡そうとしたときは、怒らずに「違いますよ」と一言言って上げて欲しい。

Copyright (c) 2000 www.mydialogue.info All Rights Reserved.