.

クレカを申し込むと一般的には契約しているカード会社から明細書が届きます。これらのご利用明細内容にはどの店舗で何月何日にどの品にカードでどれだけ使ったのかについての細かな内容が書かれているため、クレカを切った支払いの履歴を照会することがたいへんわかりやすく便利です。代用はちょっときびしいのではないかと思いますが、おこづかい帳みたいなものに見立てることも可能なので、支出管理の助けにもなると思います。またいま言ったクレジットカードご利用明細郵送されてからおおむね2週間程度で利用代金の支払いが行われるわけです。つまり手元のクレカ利用明細書を見比べて、感覚的に覚えのない決済例えばもし行ったこともない国があったとしたら、コールセンターに電話をかけて尋ねれば済むんです。本当に盗用カードによる犯罪をはじめとするありえない決済が発覚した場合でもカードユーザーに何か理由(落ち度)がないならば通常の場面ではカード会社がそういったあやしい項目をリストからはずしてくれます。今ではこの価値の高いクレカの明細書をホームページで見ることができるクレカが増えてきています。日頃からどんなサイトでいくら払って購入したかを注意しておく決まりにしてカード詐欺を未然に防ぐのはもちろん、おこづかい帳代わりにもぴったりで預金管理といったこともこれのみで可能になります(ホームページでクレカの履歴を閲覧できるカードは以前の決済履歴や来月以降の請求額等が閲覧可能です)。クレジットカードはこういった意味でも貴重な武器なのです。

Copyright (c) 2000 www.mydialogue.info All Rights Reserved.